設立趣旨

本格的な少子高齢化社会の到来と長期低迷経済は、高齢者の就労環境をいっそう厳しいものにし、生き甲斐をも奪おうとしています。定年退職後も、生きがいのため働き続けたいという意思は、自分を社会的に表現し、社会との関わりを持ち続けたい、というごく自然な気持ちではないでしょうか。これまでの経験と実績を背景とした自尊と自己実現の意識を満足させながら生き生きとしたセカンドライフステージを送ることはシニアの権利ともいえます。そのセカンドライフステージでは、これまでの現職時代のように企業や組織に成果を帰属させるのではなく、シニアが自分の価値基準に基づき、培ってきた自分の能力を生かして自主的に社会参加して新たな「社会資源」を創造し、社会の活力を一層高めていこうという意識が基本となります。シニアが重要な役割を果たすこれからの社会では、シニアが自己の尊厳と互恵の念を持ちつつ社会参加できる環境が必要となります。SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)は、自己の尊厳を保っていくための最適な環境と言えるでしょう。そしてNPO(特定非営利活動法人)は、社会参加と互恵の念を発揮する機会を自らの力で実現できる場所です。少子高齢化の時代、シニアが自らの就労環境を自らの手で創出し、心身ともに健康で生き生きとセカンドライフをエンジョイしながら社会参加していくことによって生き甲斐を満たすとともに、これから巣立つ若者に勇気を与え、将来に期待の持てる社会を創造することになります。「シニアSOHO東京」は、シニアの自主参加を基に、ビジネス・コミュニティ・ヘルスア・ボランティアなどの活動を通してシニアが広く社会に貢献できる機会創出の場として発足するものです。もちろん年齢、性別、職業、経歴は問いません。趣旨に賛同していただける方の幅広いご参加をお待ちしております。